不動産投資と資産運用の相談をしよう【副業ドットコム】

大家としての収入

実は大丈夫なんです

サラリーマンとして働いている人の多くは、基本的に副業を禁止されているはずです。 つまり副収入は認められない、というわけです。 だったらサラリーマンをやりながら、大家として不動産を賃貸するのは無理じゃないか、と考える人が大半だと思いますが、実はそうではないのです。 大家としての収入は、あくまでも家賃であり、給与とは違うので問題はありません。 もちろん、確定申告はしなければなりませんが、それさえちゃんとしているのなら、会社の規定に触れることはないはずです。 そのため、あえて会社の同僚や上司に報告する必要もないですが、ばれたらどうしようなどと怯えることもありません。 将来のことを考えるのなら、良い方法だと思います。

安定的に家賃収入を得るために

大家としてマンションなどを貸して、得た家賃収入を貯蓄に回し、サラリーマンを引退したら悠々自適の生活を、というのは誰もが憧れるところではあります。 そのためにはまず、サラリーマンとしてしっかりと収入を確保するのはもちろんのことですが、同時に大家としても、ある程度成功しなければ意味がありません。 つまり、絶対に空き家にしてはいないということです。 当然のことながら、借り手がいなければ家賃が入ってこないからです。 そうならないために、信頼できる不動産会社を探し、物件を任せることが重要です。 家賃保証があるところや、店子が家賃を払わない、出て行かない、といったトラブルなどにも、誠実に対処してくれるような業者を選ぶと良いでしょう。